恋愛

彼氏彼女がめんどくさい・重い?心理・対処法を知り喧嘩回避

彼氏・彼女がめんどくさい・重い-心理と対処法

彼氏・彼女を「めんどくさい」「重い」と感じている場合、すぐにその状況から脱却して幸せな関係性を築く方法があります。

恋人の心理を理解し、喧嘩を未然に防ぐための対処法を身につけましょう。

メンヘラの気持ちが理解できるメンヘラ、「目白のヨンマ(メジヨン)」(Twitter:@mejiro4ma)です。

彼氏・彼女に束縛されたり、やきもちを焼かれて喧嘩になったりと、恋愛をする中で「めんどくさい」と感じることがあるかもしれません。

当記事は、そんなあなたに向けて書きました。

「めんどくさい」「重い」と感じがちな恋人のメンヘラは、ほとんどの場合が生まれつきの性格ではないため、意外にも簡単に解消できるものです。

ケノンとサロン比較-効果の違い
脱毛器ケノンとサロンを比較!効果の違いは?家庭用脱毛器ケノンと脱毛サロンの効果の違い・価格を比較!家庭用脱毛器でもサロン並みの脱毛効果を誇るケノン。使用者の口コミも掲載。サロンと比較して圧倒的に安いのか?...
メンヘラ・重い恋愛-幸せになるのための目白のヨンマ(メジヨン)有料note

恋人がめんどくさい・重い原因

彼氏・彼女を「めんどくさい」「重い」と感じる原因は、あなたとの「今の恋愛」にあります。

メンヘラって、生まれつきの性格ではないのです。

生まれ育った家庭環境が複雑であるなどの場合も考えられますが、おそらくそれもあまり関係ありません。

というのは、私自身は両親にとても愛されながら幸せに育ったと感じていますが、それでも恋愛においては比較的「重い」恋愛になってしまいがちな傾向にあるからです。

そして、メンヘラは簡単に治ります。

なぜなら、あなたの恋人が「めんどくさい」「重い」原因は、その恋人である「あなた」にあるからです。

愛情と誠意を示してあげてください。

それだけで本当に、あなたの彼氏・彼女は大人しくなるでしょう。

彼氏彼女に振られない方法-感情操作・コントロール
彼氏・彼女に絶対に振られない方法?間接的な感情操作彼氏・彼女に振られない方法とは?直接的には相手の感情を操作することはできませんが、間接的な感情操作は可能です。幸せな恋愛を長続きさせ、振られることがないよう相手を上手にコントロールする方法を解説します。...

めんどくさい・重い恋人の心理

あなたが恋人に対して「めんどくさい」「重い」と感じてしまうのであれば、恋人の心理を理解してあげることで、この問題はすぐに解決します。

その心理とは実に単純明快なもので、

「あなたのことが好きだから、独り占めしたい」

という心理です。

「いやいや、そんなことは分かってはいるけどさ」と思いましたか?

では、更に深く解説していきましょう。

恋人の存在意義は?

彼氏・彼女に束縛されると「めんどくさい」「重い」と思う人は一定数います。

しかし、考えてみてください。

何のために恋人と付き合っているのか。

「恋人」とはどういう存在なのか。

もっと言うと、「セフレ」との違いは何なのか。

付き合っていない男女でも、身体の関係を持つことは可能です。

「恋人=セックス」だと思っている人も多いでしょう。

しかし、これではセフレとの違いが明確ではありません。

付き合うということは、互いにとっての「特別な存在」になることです。

唯一無二の存在になることです。

「付き合う」という行為は、互いの間に口頭にて交わされただけの契約であり、婚姻のような法的拘束力もなければ、契約書という紙面にも残らない弱く脆いものです。

それでも、私たちは特定の異性と「付き合う」という契約を行います。

では、何のために「付き合う」のでしょうか?

それは、互いを独り占めするためです。

人間には、本能的に「独占欲」という欲求が備わっています。

これは、安定した生殖行為の相手を確保するために必要なものです。

そのため、自分が惚れた異性を独り占めしたいと願うのは、至極当然なことです。

「付き合う」とは、好意を寄せ合う二人が、互いを独り占めし合うという契約。

独り占めし合うということは、一定の束縛を許容し合う関係性ということです。

「互いが互いを独り占めする代わりに、互いに他の異性との関係を放棄しましょう」というものが、「付き合う」という行為の本質なのです。

行動が制限されるのは当たり前

一組の男女が付き合えば、行動が制限されるのは当たり前です。

それまでと何も変わらないのであれば、二人が付き合う意味がありません。

彼氏・彼女という特定の異性と「付き合う」契約を交わしたにも関わらず、付き合った後も恋人以外の異性と遊んだり、必要以上に連絡を取ったりしていませんか?

恋人から見れば、他の異性との接触は浮気のキッカケになる危険性がある、不誠実な行為です。

当然、社会活動の中で異性が同じ空間に居合わせることは仕方のないことです。

しかし、恋人という特定の存在が居ながら、わざわざプライベートで他の異性と遊びに行ったり、呑みに行ったり、メッセージのやり取りをしたりする必要性はあるでしょうか?

あなたの恋人は、そんなあなたの行為が、必要以上に異性と絡んでいるように思えてならないのです。

会社やその他コミュニティー全体での集まりであれば、出席する「必要性」があります。

しかし、恋人が嫌がって、傷つき悲しい思いをしているにも関わらず、プライベートにて異性を含む遊びに出かける「必要性」はあるのでしょうか?

相手を嫌な気持ちにさせてまで他の異性との交友を持つことは、「付き合う」という契約が機能していないのと同然です。

他でもない「あなた」に本気

あなたの彼氏・彼女は、あなたを他の異性に取られたら嫌で、自分だけを見ていてほしいからあなたと付き合うのです。

あなたを独り占めしたいから、他の異性との関係を放棄してでも、あなた一人と付き合うのです。

あなたが恋人と付き合うと決めたのは、おそらく相手が魅力的な異性だったからではありませんか?

そんな魅力的な恋人は、あなたと「付き合う」という選択をしなければ、おそらく他の異性と遊んで過ごすという選択もできたでしょう。

しかし、あなた一人と一緒にいることを選んだ。

他の異性との可能性を捨ててでも、あなたを独り占めしたいと願った。

それだけ、本気であなたに恋して、愛しているのです。

健気で真っ直ぐな愛情を向けてくれる恋人、可愛らしくて素敵ではありませんか。

それなのに、あなたは他の異性との交友を絶とうとしない…

そんなあなたの不誠実な態度によって、相手の「恋人としての自信」は失われていくのです。

ですから、あなたがどんなに「恋人はあなただけだよ」と話しても、相手は納得してくれないでしょう。

あなたを束縛している恋人は、きっとあなたに対して、とても一途な行動をしているはずです。

それは、あなたと「付き合う」という契約をしたから。

一途で真っ直ぐな恋人を泣かせないために、あなたも一途な姿勢を見せてあげることで、恋人のメンヘラは瞬く間に改善します。

めんどくさい・重いの対処法

彼氏・彼女の「めんどくさい」「重い」の原因となる束縛をされないためには、恋人を安心させ、恋人としての自信を持たせることが重要です。

具体的には、「誠実な行動をし、誠意を見せ、愛情を示す」ということです。

信頼がないから束縛される

めんどくさい・重い束縛をされるのは、あなたの行動が不誠実で信頼できないからです。

その事実は、ここまで読んでくださったあなたならお分かりいただけるかと思います。

あなたが常に誠実な行動をし、他の異性との交友が最低限であれば、相手は何も心配する必要がありません。

あなたも、恋人を束縛して良いのです。

独り占めして良いという契約を交わしているのだから。

あなたの恋人も、それに応じてくれることでしょう。

互いに独り占めし合い、他の異性になど見向きもしないという安定した関係性になれば、互いに束縛する理由などなくなります。

束縛されるのは、束縛する理由があるからです。

不安の解消が信頼に変わる

彼氏・彼女という「恋人」がいれば、誰しも「浮気していないかな」「自分のことだけを愛してくれているかな」と不安になるものです。

これに対し、「恋人として自身を持つことが大事」という人が居ますが、恋人としての自信は、相手に愛されているという実感が得られなければ湧いてきません。

つまり、恋人としての自信の有無は、相手の行動・態度次第ということです。

「恋人を信じることが大事」も同じです。

何の根拠も無しに信じろだなんて拷問です。

しかし、「私の恋人はいつも私だけを見てくれていて、いつも他の異性の誘いも断って私と一緒にいてくれる人だから」という、日々の積み重ねから生まれる根拠があれば信用できるでしょう。

そのためには、常に相手の「浮気していないかな」「自分だけを見てくれているかな」という不安を解消してあげることが最も重要になります。

具体的な不安解消の対処法

では、恋人の不安を解消してあげるためには、具体的にどのような対処法を実行すれば良いのでしょうか。

答えはとてもシンプルです。

  1. 必要以上に異性と関わらない
  2. 会えないときはこまめに連絡
  3. 日常的に十分な愛情表現

要するに、「自分だけが『あなた』の大切な恋人で、誰よりも深く愛されているんだな」という「安心感」を与えてあげれば良いのです。

これを読んで、「だから、これがめんどくさいんだよ」と思ったかもしれませんね。

しかし、もう一度、大事なポイントを振り返ってみてほしいのです。

付き合う前と何も変わらないのならば、付き合う意味がない」ということ。

上記のような小さな積み重ねで、愛する恋人が安心し、喜び、より幸せな二人の時間を過ごすことができるのですから、やらない手はないのではないでしょうか。

さて、上記の3つをそれぞれ解説すると…

  1. …仕事やその他コミュニティの中では難しいかもしれませんが、プライベートにおいて異性と関わらないことは難しくないでしょう。これまでグループで遊んでいたとしても、同性だけの企画も立ててもらえば良いのです。結婚を考える年齢にもなれば、恋人第一なのは普通のことですし、「恋人が、異性がいる遊びは嫌がるんだ」と話せば、ある程度理解してもらえます。
  2. …飲み会の時などは特に、こまめに連絡して安心させてあげましょう。誰しも、恋人がお酒の席に行っている最中に、全く連絡が来ないと不安になるものです。その他、同性と遊びに行っているときでも、「今○○してるよ!」などと写真を添えて現状報告をすると、相手も安心します。
  3. …普段から愛情表現を怠らないようにしましょう。「好き」「かわいい」「かっこいい」等の言葉は、いくら言われても飽きないものです。恋人と一緒にいて幸せだと感じたら、「幸せだよ」などの言葉もかけてあげると良いでしょう。お金も時間もかからない、ただ「言葉にして伝える」だけで恋人が安心するのです。照れくささなど捨てて、積極的に愛情表現をしましょう。

誰かを「付き合う」という形で独り占めするためには、自身の「異性関係における自由」を手放す必要があります。

それくらいの覚悟がなければ、相手の不満を招く形になり、いつかは相手に愛想を尽かされてしまう可能性もあるので、早めに上記の対処法を実践しましょう。

恋人の束縛は不満の危険信号

「めんどくさい」「重い」と感じる彼氏・彼女からの束縛は、あなたに対する不満の表れであり、非常に重要な危険信号です。

恋人を繋ぎ止め、恋愛が長続きする秘訣は「一途な姿勢で十分な愛情を示すこと」です。

恋人が離れて行ってしまわないうちに、早急に対処しましょう。

彼氏・彼女に対して「めんどくさい」だとか「重い」だとか、そう感じてしまうのは、あなたが一途な姿勢を示してあげられていないことが原因となっている可能性が高いです。

何のために付き合ったのか、付き合っている意味とは何なのか。

今一度、付き合うことになった頃の「二人の原点」を振り返ってみてはいかがでしょうか。

多くの異性の中から、互いに惹かれ合い、付き合うことになったあなたと恋人が、末永く幸せなお付き合いをされることを願っています。

ABOUT ME
目白のヨンマ(メジヨン)
目白のヨンマ(メジヨン)
恋愛がすべてのエネルギー源。学生時代には3年間の遠距離恋愛を経験する等、恋愛すると一途で長続きするタイプ。自身のやきもち焼きな傾向を活かし、恋に悩む人の心の叫びを代弁すべく、当メディア『チアロマ』を開設。